天気予報を見る
 
新聞購読申込

バド、桃田や山口らが2回戦へ/ジャパンOP開幕

2018/09/11 20:45

 男子シングルス1回戦でデンマーク選手からポイントを奪いガッツポーズする桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 男子シングルス1回戦でデンマーク選手からポイントを奪いガッツポーズする桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バドミントンのジャパン・オープンは11日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して男女のシングルスと混合ダブルスの1回戦が行われ、男子シングルスで世界選手権覇者の桃田賢斗はアンデルス・アントンセン(デンマーク)を2―0で下し、2回戦へ進んだ。ジャカルタ・アジア大会銅メダルの西本拳太は香港選手にストレート勝ち。

 女子シングルスで世界選手権3位の山口茜は台湾選手を2―0で下し、奥原希望は第2ゲーム途中に香港選手が棄権して勝ち上がった。佐藤冴香、大堀彩も1回戦を突破した。

 混合ダブルスでは金子祐樹、松友美佐紀組と保木卓朗、米元小春組が2回戦に進出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.