天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮川選手側、第三者委の一新要求/パワハラ問題で協会に文書

2018/09/10 12:44

 宮川紗江選手
 宮川紗江選手

 体操の2016年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長と塚原光男副会長からパワハラを受けたと告発した問題で、宮川選手の代理人弁護士が10日、協会に対して設置した第三者委員会の人選に問題があるとしてメンバーの一新を求める文書を提出した。

 パワハラ問題を調べる第三者委は、元日弁連副会長の岩井重一氏が委員長に決まった。塚原夫妻は朝日生命の指導にあたっており、岩井氏は朝日生命保険が株主となっている企業の顧問弁護士を務めていた。第三者委の中立性を保つため、10日付で顧問弁護士を辞任した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.