天気予報を見る
 
新聞購読申込

野口、小武が決勝へ/Sクライミング世界選手権

2018/09/08 23:21

 女子リード準決勝の小武芽生=インスブルック(共同)
 女子リード準決勝の小武芽生=インスブルック(共同)

 【インスブルック共同】スポーツクライミングの世界選手権第3日は8日、インスブルックで女子リードの準決勝が行われ、日本勢はジャカルタ・アジア大会複合金メダリストで29歳の野口啓代(TEAM au)と、21歳の小武芽生(エスエスケイフーズ)が同日午後7時(日本時間9日午前2時)開始の決勝に進んだ。

 ワールドカップ(W杯)ボルダリング総合優勝の野中生萌(TEAM au)は敗退した。両親が日本人で17歳の白石阿島(米国)も決勝に駒を進めた。

 決勝は、原則的に準決勝の上位8人で争われるが、今回は7位に4人が並んだため、10人で争われることになった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.