天気予報を見る
 
新聞購読申込

競技団体への指導強化検討/不祥事続きでスポ庁長官

2018/09/01 18:16

 取材に応じるスポーツ庁の鈴木大地長官=1日午後、羽田空港
 取材に応じるスポーツ庁の鈴木大地長官=1日午後、羽田空港

 体操の暴力指導、パワハラ告発問題などスポーツ界で不祥事が続く事態を受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は1日、「公金を強化に使っているし、今のままで一体持つのかという危機感もある。しっかりコントロールできるような態勢も考えていかなくてはいけない」と述べ、競技団体に対する指導、監督強化の仕組みを検討する考えを明らかにした。庁内の作業チームで年内までに一定の方向性をまとめる。

 鈴木長官は、国のスポーツ界への介入が強まることには異論もあるが「いろんな形で(不祥事の)事案が生じ続けている」とし、現状では国の限定的な関与を見直すこともやむを得ないとの認識を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.