天気予報を見る
 
新聞購読申込

35歳八重樫がTKO勝利/世界4階級制覇狙う

2018/08/17 22:06

 7回、向井寛史(右)を攻める八重樫東=後楽園ホール
 7回、向井寛史(右)を攻める八重樫東=後楽園ホール

 ボクシングで世界3階級制覇の実績がある八重樫東(大橋)が17日、東京・後楽園ホールで行われたノンタイトル10回戦で向井寛史(六島)に7回2分55秒TKO勝ちし、戦績を33戦27勝(15KO)6敗とした。

 日本選手初の世界4階級制覇を目指す35歳の八重樫は、3月以来の試合でスーパーフライ級転向2戦目。同級を含めて過去2度の世界挑戦がある32歳の向井に対して壮絶な打ち合いを展開。劣勢となる場面もあったが、7回に連打を見舞って、激闘を終わらせた。

 負ければ引退覚悟で臨んだ八重樫は「4階級制覇はハードルが高い。まだまだ若いやつらに負けない」と力強く語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.