天気予報を見る
 
新聞購読申込

400mリレー、日本2位/陸上ダイヤモンドリーグ

2018/07/22 23:53

 【ロンドン共同】陸上のダイヤモンドリーグ第11戦最終日は22日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレーに小池祐貴(ANA)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)で臨んだ日本は38秒09で2位だった。英国が37秒61の今季世界最高で優勝した。山県亮太(セイコー)は左脚の違和感のため大事を取って帰国した。

 男子200メートルはアキーム・ブルームフィールド(ジャマイカ)が19秒81で制し、小池は20秒56で8位だった。男子800メートルはエマヌエル・コリル(ケニア)が1分42秒05の今季世界最高で優勝。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.