天気予報を見る
 
新聞購読申込

日大がチーム改善報告書提出/アメフット反則問題

2018/07/17 18:42

 橋詰功氏(立命館大アメフット部パンサーズガイド2017から)
 橋詰功氏(立命館大アメフット部パンサーズガイド2017から)

 悪質な反則問題でアメリカンフットボール部の公式試合の出場資格が停止されている日本大は17日、処分解除を受けて今秋のリーグ戦に参加するために求められているチーム改善報告書を関東学生連盟へ提出した。関東学連の検証委員会と理事会が内容を精査し、7月末までにリーグ戦への参加可否を判断する。

 17日の日大常務理事会で、外部有識者による選考委員会が元立命館大コーチの橋詰功氏(54)を新監督の候補に選んだことが報告された。日大は、関東学連にも選考委の判断を伝えたという。関東学連は、悪質反則が起こった原因究明と再発防止策の策定と実施、チーム改革などの断行を要求している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.