天気予報を見る
 
新聞購読申込

複合ジャパン杯、伊藤らが決勝へ/スポーツクライミング

2018/06/23 18:50

 女子予選1位で決勝に進んだ伊藤ふたばのスピード=岩手県営運動公園
 女子予選1位で決勝に進んだ伊藤ふたばのスピード=岩手県営運動公園

 スポーツクライミングで2020年東京五輪の強化を目的に新設された複合ジャパンカップは23日、盛岡市の岩手県営運動公園などで予選が行われ、女子は伊藤ふたば、野口啓代、野中生萌、男子は楢崎智亜、楢崎明智(いずれもTEAM au)ら各6人が24日の決勝に進んだ。

 複合は各選手がスピード、ボルダリング、リードの3種目に臨み、各種目の順位を掛け合わせたポイントの少ない選手が上位になる。予選で女子トップの伊藤はスピードで1位、ボルダリングで2位、リードで3位の6点で、男子1位の楢崎智はそれぞれ1位、2位、21位の42点だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.