天気予報を見る
 
新聞購読申込

20日からソフト女子の日米対抗/日本主将「五輪見据えた試合を」

2018/06/19 16:35

 ソフトボールの日米対抗を前に握手を交わす、日本の宇津木麗華監督(左)と米国のローラ・バーグ監督=19日、東京ドーム
 ソフトボールの日米対抗を前に握手を交わす、日本の宇津木麗華監督(左)と米国のローラ・バーグ監督=19日、東京ドーム

 ソフトボール女子の国際親善試合、日米対抗は20日から3試合が行われる。19日は初戦の会場となる東京ドームで記者会見が開かれ、日本の山田恵里主将(日立)は「2020年東京五輪と夏の世界選手権(千葉県)を見据えた戦いをしたい」と抱負を語った。

 21日は仙台市シェルコムせんだい、23日の最終戦は東京五輪の会場となる福島県営あづま球場で行われる。宇津木麗華監督は「福島での試合は一番楽しみ。レベルが高い試合を見せたい」と意欲を示した。

 世界ランキングは日本が2位、米国が1位。米国のローラ・バーグ監督は「国際試合に出たことがない選手もいる。いい経験になる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.