天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ留学生選手が審判員殴打/全九州高校大会で判定不服

2018/06/17 21:03

 日本バスケットボール協会は17日、全九州高校大会の男子準決勝で判定を不服とした延岡学園(宮崎)のアフリカからの留学生選手が試合中に男性審判員を殴打したと発表した。審判員は口を10針縫うけがを負い、救急車で搬送された。試合は没収試合となり、延岡学園は敗退した。

 延岡学園は全国高校総合体育大会(インターハイ)など全国大会で優勝経験がある強豪校。

 大会は長崎県大村市で行われ、同高は福岡大大濠と対戦した。長崎県高校体育連盟によると、留学生選手は第4クオーターにファウルを取られた後、審判員に近づき右手で審判員を殴った。

 県警大村署は選手と監督を任意で事情聴取した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.