天気予報を見る
 
新聞購読申込

ルマンはトヨタ勢が1、2番手/伝統の24時間自動車耐久レース

2018/06/17 00:51

 【ルマン(フランス)共同】伝統の自動車耐久レース、第86回ルマン24時間は16日、フランス西部ルマンのサルテ・サーキット(1周13・626キロ)で決勝がスタートし、初優勝を目指して2台で臨むトヨタは1時間を経過して予選でポールポジション(PP)を獲得した中嶋一貴らの8号車がトップ、小林可夢偉らの7号車が2番手で続いた。

 3人のドライバーが交代して周回数を競い、17日午後3時(日本時間同10時)にゴール。最高峰のLMP1クラスで予選1、2番手のトヨタは、F1シリーズで総合王者に輝いたフェルナンド・アロンソ(スペイン)が8号車でルマンに初参戦した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.