天気予報を見る
 
新聞購読申込

バド、東京五輪は21点制を継続/世界連盟総会

2018/05/19 21:45

 【バンコク共同】世界バドミントン連盟(BWF)は19日、バンコクで年次総会を開き、試合時間短縮や攻撃的なプレー促進などを図るため、現行の21点3ゲーム制を11点5ゲーム制に変更する理事会提案を否決した。日本協会の銭谷欽治専務理事によると、2020年東京五輪は現行の得点方式を継続する。

 16年リオデジャネイロ五輪は女子ダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が金メダルを獲得した。銭谷専務理事は「(体格で劣るために粘るスタイルが主流の)日本にとっては追い風。今の時期に戦略から全て変えないといけないのは大変」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.