天気予報を見る
 
新聞購読申込

関学大アメフット選手は腰椎損傷/日大が抗議文に回答

2018/05/15 22:51

 6日の試合で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供)
 6日の試合で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(右端)(関学大提供)

 アメリカンフットボールの関西学院大学と日本大学の定期戦で日大選手による悪質な反則行為で選手が負傷した問題で、関学大アメフット部は15日、日大アメフット部へ送付した抗議文への回答を受け取ったと明らかにした。また、負傷した選手が「第2・第3腰椎棘間靱帯損傷」と診断されたと発表した。

 回答は15日夜に日大アメフット部のコーチが持参したという。関学大アメフット部は17日に記者会見し、返答内容や対応について説明するとしている。抗議文では、反則行為に対する見解を求めるなどしていた。

 負傷した選手は14日に兵庫県西宮市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.