天気予報を見る
 
新聞購読申込

柔道、斉藤立「手応えあった」/初の国際大会から帰国

2018/04/20 13:02

 柔道のロシア・ジュニア国際大会から帰国し、金メダルを手にポーズをとる斉藤立=20日、成田空港
 柔道のロシア・ジュニア国際大会から帰国し、金メダルを手にポーズをとる斉藤立=20日、成田空港

 柔道五輪王者の故斉藤仁氏の次男で、男子100キロ超級の斉藤立(東京・国士舘高)が20日、優勝したロシア・ジュニア国際大会から成田空港に帰国し「体にしみこんでいる体落としが、ばんばん決まった。手応えがあった」と父から教わった勝負技での勝利に収穫を口にした。

 高校2年で16歳の斉藤は初の国際大会出場。海外勢には、身長190センチ、体重155キロの自身よりも大きな選手がいて「ちょっとびびった」と言う。だが、威力抜群の技で決勝までの4試合をすべて一本勝ち。「柔道をしたら自分が強かった」とにっこり笑った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.