天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

体操、復帰戦の内村は予選落ち/種目別W杯第1日

2018/03/22 09:16

 男子あん馬予選 落下し、厳しい表情の内村航平=ドーハ(共同)
 男子あん馬予選 落下し、厳しい表情の内村航平=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)は21日、ドーハで開幕して予選前半が行われ、昨年10月の世界選手権で左足首を故障して以来の復帰戦となった五輪男子個人総合の2大会連続金メダリスト、内村航平(リンガーハット)はつり輪で14・366点の10位、落下が出たあん馬で13・233点の19位に終わり、上位8人による決勝に進めなかった。22日に予選後半の跳馬、鉄棒に出場予定。

 男子は床運動で佐藤巧(徳洲会)がトップの14・866点をマークし、床運動とあん馬で7位の加藤凌平、つり輪で7位の神本雄也(以上コナミスポーツ)とともに決勝に進出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.