天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

バスケ、三屋会長の再任が内定/日本協会、臨時評議員会で議決

2018/03/18 18:11

 三屋裕子会長
 三屋裕子会長

 日本バスケットボール協会は18日、三屋裕子会長(59)の再任が内定したと発表した。東京都内で開いた臨時評議員会で理事会からの推薦を議決した。6月の評議員会と臨時理事会を経て正式決定する。任期は2020年6月まで。

 16年に就任し、2期目を迎える三屋会長は「2年間準備をしてきた施策が4月からどんどん出てくる。日本のバスケット界が強くなった、大きくなったと言われる活動をやっていきたい」と抱負を述べた。

 男子の19年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選で4戦全敗と苦戦する日本代表の、20年東京五輪の開催国枠獲得も大きなテーマとなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.