天気予報を見る
 
新聞購読申込

卓球W杯日本女子、初優勝ならず/日本男子も中国に敗れる

2018/02/26 05:06

 女子決勝の第1試合ダブルスで中国ペアに敗れた伊藤(右)、早田組=ロンドン(共同)
 女子決勝の第1試合ダブルスで中国ペアに敗れた伊藤(右)、早田組=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は25日、ロンドンで行われ、日本は男女ともに決勝で中国に0―3で敗れて初優勝を逃した。

 女子は第1試合のダブルスで伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が劉詩ブン、丁寧組に1―3で敗れ、続くシングルスは石川佳純(全農)が朱雨玲に、伊藤は丁寧にそれぞれストレートで屈した。

 男子はダブルスで上田仁(協和発酵キリン)丹羽孝希(スヴェンソン)組が0―3で敗れた。シングルスは張本智和(エリートアカデミー)が樊振東にストレートで、丹羽は馬竜に1―3でそれぞれ負けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.