天気予報を見る
 
新聞購読申込

卓球、張本がジュニア最年少V/全日本選手権第4日

2018/01/18 19:55

 ジュニアの部男子シングルス決勝 ポイントを奪い雄たけびを上げる張本智和=東京体育館
 ジュニアの部男子シングルス決勝 ポイントを奪い雄たけびを上げる張本智和=東京体育館

 卓球の全日本選手権第4日は18日、東京体育館で行われ、ジュニアの部シングルスで男子の張本智和が初優勝し、水谷隼の持っていた中学2年での男子の最年少記録に並んだ。女子は長崎美柚が初優勝した。

 混合ダブルスは決勝で森薗政崇、伊藤美誠組が軽部隆介、松本優希組を3―0で下して初の日本一。世界選手権個人戦金メダルの吉村真晴、石川佳純組は準決勝で軽部、松本組に敗れた。

 シングルスは男女4回戦から有力シード選手が登場し、女子の平野美宇や石川、伊藤、男子の水谷、張本らが初戦を順当に勝ち上がった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.