天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

スピードW杯、小平奈緒2種目V/女子最多

2017/11/18 01:05

 【スタバンゲル(ノルウェー)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は17日、ノルウェーのスタバンゲルで開幕し、女子の小平奈緒(相沢病院)が500メートルを37秒08の好記録で、1000メートルを1分14秒33で制した。両種目合わせたW杯通算勝利数を14に伸ばし、岡崎朋美を抜いて日本女子単独最多となった。

 500メートルで昨季から続く国内外での連勝はW杯の11を含む19に伸び、1000メートルは第1戦に続く2連勝。1000メートルで小平と同走した高木美帆(日体大助手)は0秒46差の2位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.