天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

瀬戸が200個メで大会新/中村、池江は短水路日本新

2017/11/14 21:23

 男子200メートル個人メドレー決勝 1分51秒40の大会新で優勝した瀬戸大也のバタフライ=東京辰巳国際水泳場
 男子200メートル個人メドレー決勝 1分51秒40の大会新で優勝した瀬戸大也のバタフライ=東京辰巳国際水泳場

 短水路(25メートルプール)で争う競泳W杯東京大会は14日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子200メートル個人メドレーで瀬戸大也が1分51秒40の大会新記録で優勝した。

 男子は100メートル平泳ぎを小関也朱篤が制した。200メートル背泳ぎは金子雅紀が1位となり、入江陵介が2位に続いた。100メートル自由形の中村克は46秒54の短水路日本新記録で3位。1500メートル自由形4位の江原騎士は800メートルの途中計時で7分42秒28の短水路日本新を出した。

 女子は50メートルバタフライで17歳の池江璃花子が25秒14の短水路日本新で3位となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.