天気予報を見る
 
新聞購読申込

世界柔道、永瀬は4回戦で敗退/日本のメダル途切れる

2017/08/31 21:41

 男子81キロ級4回戦 ウズベキスタン選手(奥)に敗れた永瀬貴規=ブダペスト(共同)
 男子81キロ級4回戦 ウズベキスタン選手(奥)に敗れた永瀬貴規=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】柔道の世界選手権第4日は31日、ブダペストで男女各1階級が行われ、男子81キロ級でリオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は、4回戦でダフラト・ボボノフ(ウズベキスタン)に延長で反則負けして敗退。2連覇を逃した。日本男子は第1日から3階級の頂点を独占していた。

 女子63キロ級に日本選手は派遣されていない。日本勢は第3日までの男女6階級のうち、女子57キロ級を除く5階級を制覇。全階級で計8個のメダルを獲得していたが、大会第4日で連続メダルが途切れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.