天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレー協会新会長が就任会見/嶋岡健治氏「東京でメダルを」

2017/08/30 16:55

 日本バレーボール協会の会長に就任し、八田茂専務理事(左)と握手する嶋岡健治氏=30日、東京都内
 日本バレーボール協会の会長に就任し、八田茂専務理事(左)と握手する嶋岡健治氏=30日、東京都内

 日本バレーボール協会新会長に就任した嶋岡健治氏(68)が30日、東京都内で記者会見し「最も注力することは2020年東京五輪。インドア、ビーチバレーでメダルを取ることが最大の目標」と抱負を語った。

 嶋岡新会長は1972年ミュンヘン五輪男子金メダリスト。日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)会長と兼務になることに「どちらに肩入れするわけではなく、バレー界を少しでも良くしたい」と話した。

 バレー協会は木村憲治前会長が6月の評議員会で理事選出に必要な過半数の票を得られず退任。3期連続で会長が1期2年で交代する異例の事態となり、会長不在が2カ月以上続いていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.