天気予報を見る
 
新聞購読申込

競技力向上事業に101億円/スポーツ庁の概算要求

2017/08/25 12:23

 スポーツ庁の2018年度予算の概算要求で、過去最多の金メダル獲得を目指す20年東京五輪・パラリンピックに向けた競技力向上事業に101億円を計上することが25日、自民党の文部科学部会で報告された。17年度当初予算から10億円近く増えた。スポーツ関連予算全体は401億円となる。

 五輪、パラリンピック選手が共同利用する新たな強化拠点「第2ナショナルトレーニングセンター」(東京都北区)の整備で67億円を要求。ドーピング防止に関する事業では、20年東京大会や国際競技大会に対応できるドーピング検査員の育成などで、17年度当初予算から倍増の4億円を計上した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.