天気予報を見る
 
新聞購読申込

渡部、総合優勝逃す/W杯ボルダリング最終戦

2017/08/19 02:24

 男子予選で課題に挑む渡部桂太=ミュンヘン(共同)
 男子予選で課題に挑む渡部桂太=ミュンヘン(共同)

 【ミュンヘン共同】2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は18日、ミュンヘンでボルダリング最終戦の男子予選が行われ、渡部桂太(三重県連盟)は準決勝に進出できず、自身初のシーズン総合優勝を逃した。総合2位タイにつけていたが、予選では五つの課題(コース)のうち一つしか完登できなかった。

 日本勢では藤井快(東京都連盟)と緒方良行(福岡県連盟)は5課題全てをクリア。昨季のW杯総合覇者の楢崎智亜(栃木県連盟)らを含めた5人が準決勝に進んだ。

 19日に準決勝、決勝が行われる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.