天気予報を見る
 
新聞購読申込

剣道男子、異例の再試合に決着/全国高校総体

2017/08/11 19:46

 インターハイの剣道男子個人4回戦の再試合で、対戦する九州学院の岩切勇磨選手(右)と高千穂の林拓郎選手=11日、仙台市のカメイアリーナ仙台
 インターハイの剣道男子個人4回戦の再試合で、対戦する九州学院の岩切勇磨選手(右)と高千穂の林拓郎選手=11日、仙台市のカメイアリーナ仙台

 全国高校総合体育大会(インターハイ)の剣道男子個人で10日に引き分け、異例の再試合となった岩切勇磨選手(熊本・九州学院)と林拓郎選手(宮崎・高千穂)の4回戦が11日、仙台市のカメイアリーナ仙台で行われ、岩切選手が1本勝ちした。

 再試合も4分では決着がつかずに延長に入り、直後の4分4秒で、岩切選手が面を決めた。10日の4回戦では延長戦を含めて試合時間が50分20秒に及び、3度の休憩や、竹刀の交換などの時間を含めて約1時間20分を要しても決着がつかなかった。

 再試合後、岩切選手は「うれしい。1人の相手に50分は初めてだったが、集中することができた」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.