天気予報を見る
 
新聞購読申込

シンクロ井村氏、続投決定/東京五輪まで、長期的強化が必要

2017/08/08 21:15

 井村雅代ヘッドコーチ
 井村雅代ヘッドコーチ

 日本水連は8日、東京都内で常務理事会を開き、シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチ(66)が2020年東京五輪まで指揮を執ることを決めた。通常は1シーズンごとの更新だが、長期的な視野での強化が必要と判断しての続投となった。

 14年に10年ぶりに日本代表の指導者に復帰した井村氏は、昨年のリオデジャネイロ五輪で実施されたデュエットで日本を2大会ぶり、チームで3大会ぶりのメダルとなる3位に導いた。

 水球の五輪テスト大会に予定していた来年夏のワールドリーグが中止となり、同年秋の日本選手権を代わりのテスト大会とすることも決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.