天気予報を見る
 
新聞購読申込

柔道、海老沼が選手委員に立候補/IJF、9月に結果発表

2017/08/08 19:34

 全日本柔道連盟(全柔連)は8日、国際柔道連盟(IJF)のアスリート委員選挙に、男子66キロ級で世界選手権3連覇や五輪2大会連続銅メダルの実績を持つ海老沼匡(27)が立候補したと発表した。28日開幕の世界選手権(ブダペスト)で大会期間中、出場選手による投票が実施される。

 全柔連によると、選挙結果は世界選手権の個人戦最終日の9月2日に発表される。当選すれば任期は4年。IJFのアスリート委員会は9人で構成され、5人が選挙、4人がIJFの指名で選ばれる。日本人では過去に1992年バルセロナ五輪男子86キロ級銅メダルの岡田弘隆氏が委員長を務めたことがある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.