天気予報を見る
 
新聞購読申込

41歳クリチコが引退表明/元世界ヘビー級王者

2017/08/03 19:45

 【ベルリン共同】ボクシングの元世界ヘビー級王者ウラジーミル・クリチコ(ウクライナ)が3日、現役引退を表明した。AP通信によると「アマチュア、プロのボクサーとして、夢見たものを全て成し遂げた。第二の人生をスタートさせたい」との声明を出した。

 41歳のクリチコは、1996年アトランタ五輪で金メダルを獲得。プロ転向後は64勝5敗の戦績を誇り、兄ビタリとともにヘビー級で主要4団体のタイトルを独占した。ことし4月にロンドンで行われた一戦で、国際ボクシング連盟(IBF)王者のアンソニー・ジョシュア(英国)に11回TKO負けを喫した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.