天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

フィギュア、SPで宇野1位/日本首位、世界国別対抗戦開幕

2017/04/20 21:12

 男子SPで演技する宇野昌磨=国立代々木競技場
 男子SPで演技する宇野昌磨=国立代々木競技場

 女子SPで演技する三原舞依=国立代々木競技場
 女子SPで演技する三原舞依=国立代々木競技場

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は20日、東京・国立代々木競技場で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で世界選手権2位の宇野昌磨が103・53点で1位になるなど、順位点によるチーム得点で日本が44点で首位発進した。ロシアが2位。

 世界選手権王者の羽生結弦はジャンプのミスが相次ぎ、83・51点で7位だった。

 女子SPでは三原舞依が72・10点で3位、樋口新葉が71・41点で5位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が80・85点で1位となった。

 6カ国が参加し、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組の順位ごとに与えられる得点の合計で争われる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.