天気予報を見る
 
新聞購読申込

スケート、高木美が国内最高7位/スピードW杯

2016/11/18 18:38

 女子3000メートル 4分6秒19で7位の高木美帆=エムウエーブ
 女子3000メートル 4分6秒19で7位の高木美帆=エムウエーブ

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は18日、長野市エムウエーブで開幕し、女子3000メートルで高木美帆(日体大)が4分6秒19の国内最高記録をマークして7位となった。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が4分3秒56で優勝。押切美沙紀(富士急)は14位、松岡芙蓉(富士急)は16位だった。

 男子5000メートルはウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)が6分30秒00で14位。スベン・クラマー(オランダ)が6分15秒17で優勝した。格下のBクラスで、土屋良輔(専大)が国内最高を更新する6分23秒99で滑って1位となった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.