天気予報を見る
 
新聞購読申込

ボクシング内山が左肘手術/V10の王者、遊離軟骨除去

2015/05/27 17:39

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が27日、東京都内の病院で左肘の遊離軟骨除去手術を受けた。3時間に及んだ手術に成功し、ブランクなく試合に臨める状況で、内山は「来週にはロードワークをスタートし、近いうちにジムワークも始める」とした。

 6日に10度目の防衛を果たした世界戦では肘を曲げると痛む状態だったという。「不安な箇所もなくなるので、もっと強くなりたい」ともコメントした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.