天気予報を見る
 
新聞購読申込

競泳、萩野や瀬戸ら最終調整/ジャパンOP、22日開幕

2015/05/21 17:10

 公式練習で平井コーチ(左)と笑顔を見せる萩野公介=東京辰巳国際水泳場
 公式練習で平井コーチ(左)と笑顔を見せる萩野公介=東京辰巳国際水泳場

 競泳のジャパン・オープンは22日、世界選手権(7〜8月・カザニ=ロシア)代表が出場し、東京辰巳国際水泳場で開幕する。21日は会場で公式練習があり、4月の日本選手権で4冠に輝いた男子のエース萩野公介(東洋大)やライバルの瀬戸大也(JSS毛呂山)が最終調整した。

 初日の1500メートル自由形にトレーニングの一環で出場する萩野は「(タイムが)どれぐらい出るかさっぱり分からないが、何が何でも勝つ」と意気込みを口にした。瀬戸は「400メートル個人メドレーと200メートルバタフライは日本選手権でベストが出ていない。ここでベストを出すのが課題」と抱負を述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.