天気予報を見る
 
新聞購読申込

元王者の坂田氏が新代表に/ボクシング名門協栄ジム

2015/05/21 16:33

 協栄ジムの代表に就任し、金平桂一郎会長(右)と握手する元WBAフライ級王者の坂田健史氏=21日午後、東京都新宿区
 協栄ジムの代表に就任し、金平桂一郎会長(右)と握手する元WBAフライ級王者の坂田健史氏=21日午後、東京都新宿区

 ボクシングで具志堅用高ら日本最多となる12人の世界王者を輩出している名門の協栄ジムは21日、元世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の坂田健史氏(35)が代表に就任したと発表した。坂田氏は「強い協栄を復活させるため、看板の名に恥じない仕事をしたい」と抱負を語った。

 ジム会長を務めるために必要なクラブオーナーライセンスの取得には約3年かかる見通しで、当面は金平桂一郎会長がサポートする。現在はジムに世界王者がおらず、坂田氏は「冬の時代が到来してしまった。強い選手を育てて活気あるジムにしたい」と話した。

 坂田氏は2007年に4度目の世界挑戦で王座を獲得。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.