天気予報を見る
 
新聞購読申込

バレーボール協会の羽牟会長解職/赤字財政、臨時理事会で

2015/05/18 21:32

 日本バレーボール協会は18日の臨時理事会で、羽牟裕一郎会長(48)と西脇克治事務局長(63)の解職を承認したと発表した。赤字財政が続いていることなどが理由。岩満一臣業務執行理事が会長代行を、小島和行業務執行理事が事務局長代行を務め、新会長は6月23日の理事会で決まる。羽牟、西脇両氏は同月の評議員会終了まで理事にとどまる。

 医師の羽牟会長は13年、経営改善を期待されて就任した。だが、決算は14年度を含めて4期連続赤字となる見通しで、手腕を発揮できなかった。東京都内で取材に応じた岩満会長代行は「赤字を改善するのが最大の問題。財政基盤を立て直したい」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.