天気予報を見る
 
新聞購読申込

体操鶴見、再びアキレスけん断裂/09年世界体操銅、引退も

2015/05/17 20:30

 女子個人総合 最終種目を残し途中棄権した鶴見虹子=国立代々木競技場
 女子個人総合 最終種目を残し途中棄権した鶴見虹子=国立代々木競技場

 体操女子の2009年世界選手権個人総合銅メダリストで、08年北京、12年ロンドン両五輪にも出場した鶴見虹子(22)=日体大=が17日、東京・国立代々木競技場でのNHK杯で床運動のウオーミングアップ中に右足を負傷し、最終種目を残して途中棄権した。大会ドクターの診断によると右アキレスけん断裂で、引退の可能性も浮上した。

 左アキレスけん断裂から復活し、この秋の世界選手権代表を目指した鶴見はこれまで「ことし駄目なら引退する」と話していた。来年にはリオデジャネイロ五輪が控えるが、競技復帰には長期間かかることが予想される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.