天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上、男子100は藤光が優勝/高橋、競歩で日本新

2015/05/16 18:34

 男子100メートル決勝 10秒41で優勝した藤光謙司=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 男子100メートル決勝 10秒41で優勝した藤光謙司=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 陸上の東日本実業団選手権第1日は16日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子100メートルは藤光謙司(ゼンリン)が10秒41(向かい風2・1メートル)で優勝した。調整のために出場した高瀬慧(富士通)は予選を10秒39で通過したが準決勝を棄権した。

 男子5000メートル競歩で世界選手権代表の高橋英輝(富士通)が18分51秒93の日本新記録を樹立した。従来の記録は杉本明洋が2009年にマークした18分56秒70。

 女子3000メートル障害は森智香子(積水化学)が10分7秒26の大会新で制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.