天気予報を見る
 
新聞購読申込

エアレースが日本初上陸/空のF1に延べ12万人見込む

2015/05/15 17:50

 凱旋レースに意気込む日本人パイロットの室屋義秀=15日、千葉県浦安市
 凱旋レースに意気込む日本人パイロットの室屋義秀=15日、千葉県浦安市

 日本で初開催される「空のF1」の異名を持つ飛行機のレッドブル・エアレースは16、17日に千葉市幕張で行われる。2日間で延べ約12万人の観衆が見込まれ、日本人パイロットの室屋義秀(42)は「やっと実現した念願の日本開催なので、多くの方に楽しんでもらいたい」と意気込んだ。

 台風6号の影響で海上のコース設営が大幅に遅れたため、15日は予定されていた練習フライトが中止となった。代わりに会場近くの特設飛行場で色とりどりの機体が報道陣に公開され、テスト飛行が行われた。凱旋レースに向け、室屋は「航空スポーツの楽しみを少しでも理解してもらえれば」と期待感を口にした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.