天気予報を見る
 
新聞購読申込

73歳最年長ボートレーサー引退/加藤峻二選手

2015/05/07 17:08

 引退発表会見で、ボートレースファンの落語家、立川談春さん(右)からねぎらいの言葉を受ける加藤峻二選手=7日午後、東京都港区の笹川記念会館
 引退発表会見で、ボートレースファンの落語家、立川談春さん(右)からねぎらいの言葉を受ける加藤峻二選手=7日午後、東京都港区の笹川記念会館

 公営競技のボートレースでの最年長、73歳の加藤峻二選手(埼玉)が7日、東京都内で記者会見を開き、現役引退を表明した。

 長い現役生活にピリオドを打った大ベテランは「(1日に3938レースぶりに)戸田でフライングをしたこと」を引退の理由に挙げた。「昨日、妻に『辞めるから』と言ったばかり」だそうで、「出走回数の多さを誇りにしているが、56年間に悔いなしとは言えない」と、気持ちの整理のつかない現在の心境を口にした。

 加藤選手は1959年にデビューして、最高グレードのSGで4度優勝。歴代2位の通算3294勝を挙げ、ボートレースでの最年長優勝記録を更新していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.