天気予報を見る
 
新聞購読申込

メイウェザー、再戦に前向き/右肩手術後のパッキャオと

2015/05/06 09:38

 世界ウエルター級王座統一戦で、パッキャオ(左)にパンチを浴びせるメイウェザー=2日、ラスベガス(ロイター=共同)
 世界ウエルター級王座統一戦で、パッキャオ(左)にパンチを浴びせるメイウェザー=2日、ラスベガス(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ボクシングの「世紀の対決」と注目された2日の世界ウエルター級王座統一戦でマニー・パッキャオ(フィリピン)に判定勝ちしたフロイド・メイウェザー(米国)が、再戦に前向きな姿勢を示したと5日、米スポーツ専門局ESPNが報じた。

 パッキャオは試合後に明かした右肩の故障で手術を受ける予定で、復帰まで最大1年かかると伝えられたばかり。メイウェザーはESPNの関係者に「手術の1年後に彼と闘うだろう」とのメッセージを送った。これまで9月の試合を最後に引退する考えを示していたが、2日の対戦後には現役続行の可能性をにおわせる発言もあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.