天気予報を見る
 
新聞購読申込

JOC、バスケとホッケー処分も/審査委で検討へ

2014/12/31 17:56

 日本オリンピック委員会(JOC)が、国際連盟(FIBA)から資格停止処分を受けた日本バスケットボール協会と、会計検査院から国庫補助金の過剰受給を指摘された日本ホッケー協会について、近く加盟団体審査委員会を開いて処分を検討することが31日、関係者の話で分かった。

 バスケットボール協会は、FIBAから国内に二つある男子リーグを統合できないことなどを理由に11月に処分を受け16年リオデジャネイロ五輪予選出場が危ぶまれている。

 ホッケー協会は09〜11年度に専任コーチらへの報酬の一部を寄付の形で戻させ、630万円の補助金を過剰受給していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.