天気予報を見る
 
新聞購読申込

競輪、武田が初Vで初の賞金王/KEIRINグランプリ

2014/12/30 19:24

 「KEIRINグランプリ2014」で優勝し、ファンに手を振る武田豊樹=岸和田競輪場
 「KEIRINグランプリ2014」で優勝し、ファンに手を振る武田豊樹=岸和田競輪場

 競輪の一年を締めくくる「KEIRINグランプリ2014」(2825メートル7周、GP)は30日、大阪府の岸和田競輪場で実力上位の9選手によって争われ、40歳の武田豊樹(茨城)が4分24秒7(上がり11秒9)で初優勝して賞金1億円を獲得し、年間獲得賞金2億2092万1千円で初の賞金王に輝いた。

 レースは残り2周を過ぎて平原康多(埼玉)が関東勢を引き連れて先行。2番手を追走した武田が最終3コーナーで先頭に立ち、力強く末脚を伸ばして後続に4車身の大差をつけた。

 払戻金は車連単が(2)―(5)で2890円、3連単は(2)―(5)―(1)で1万9280円だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.