天気予報を見る
 
新聞購読申込

井上計量パス「仕上がり最高」/トリプル世界戦

2014/12/29 16:10

 WBOスーパーフライ級タイトルマッチの前日計量をパスしてポーズをとる井上尚弥(左)と王者のオマール・ナルバエス=29日、東京都内のホテル
 WBOスーパーフライ級タイトルマッチの前日計量をパスしてポーズをとる井上尚弥(左)と王者のオマール・ナルバエス=29日、東京都内のホテル

 ボクシングのトリプル世界戦(30日・東京体育館)の計量が29日、東京都内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級で日本選手最短となるプロ8戦目での2階級制覇を狙う井上尚弥(大橋)はリミットの52・1キロで「仕上がりは最高。自信しかない」と話した。王者のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)は51・9キロ。

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王座決定戦で3階級制覇を目指す八重樫東(大橋)はリミットより0・2キロ軽い48・7キロ。「自分の力を出し切るだけ」と穏やかに語った。ペドロ・ゲバラ(メキシコ)は48・4キロだった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.