天気予報を見る
 
新聞購読申込

フィギュア宮原初V、本郷2位/13歳樋口は3位と健闘

2014/12/28 20:15

 女子フリーで演技する宮原知子=長野市ビッグハット
 女子フリーで演技する宮原知子=長野市ビッグハット

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は28日、長野市ビッグハットで行われ、女子はショートプログラム(SP)で2位だった16歳の宮原知子(大阪・関大高)がフリーで逆転し、合計195・60点で初優勝して世界選手権(来年3月・上海)代表に決まった。

 SP首位の18歳、本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が188・63点で2位。全日本ジュニア選手権を制した13歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館中)が181・82点で3位と健闘した。

 16歳の永井優香(東京・駒場学園高)が168・55点で4位、村上佳菜子(中京大)は168・29点で5位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.