天気予報を見る
 
新聞購読申込

ショート、酒井と横山初の総合V/全日本最終日

2014/12/28 16:40

 女子3000メートルを制し、総合で初優勝した酒井裕唯=江戸川区スポーツランド
 女子3000メートルを制し、総合で初優勝した酒井裕唯=江戸川区スポーツランド

 男子3000メートルを制し、総合優勝した横山大希=江戸川区スポーツランド
 男子3000メートルを制し、総合優勝した横山大希=江戸川区スポーツランド

 スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は28日、東京・江戸川区スポーツランドで1000メートルと3000メートルが行われ、女子は27歳の酒井裕唯(保健科学グループ)がこの2種目を制し、前日の2レースと合わせた総合で初優勝を果たした。男子も20歳の横山大希(関学大)が2レースとも1位となり、逆転で初の総合優勝を飾った。

 男子は17歳の菊池耕太(長野・小海高)が総合2位、15歳の吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨中)が3位に入った。女子の総合2位は前日の500メートルでトップだった菊池萌水(早大)。斎藤仁美(オーエンス)が3位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.