天気予報を見る
 
新聞購読申込

ボクシング、高山と大平異常なし/ミニマム級王座決定戦予備検診

2014/12/25 17:20

 国際ボクシング連盟(IBF)世界ボクシング機構(WBO)のミニマム級王座決定戦(31日)の予備検診が25日、東京都内で行われ、日本初の主要4団体制覇が懸かる高山勝成(仲里)と同級日本王者の大平剛(花形)はともに異常なしと診断された。

 高山は身長157・5センチ、リーチは158・8センチでいずれも大平を下回ったが「問題ない」と強調した。

 同じ興行で闘う世界ボクシング協会(WBA)WBOスーパーバンタム級統一王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と挑戦者の天笠尚(山上)も異常なし。天笠が身長で17・5センチ、リーチは8センチ上回った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.