天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ和歌山が存続の危機/年内にも活動停止か

2014/12/24 23:02

 バスケットボール男子、ナショナルリーグ(NBL)の和歌山が、経営難によりチーム存続の危機に陥っていることが24日、複数の関係者の話で分かった。活動継続に向けてリーグ側と協議を続けているが、年内にも活動停止に追い込まれる可能性がある。

 和歌山は6月に経営改善のため運営体制を一新した。しかし、今月に入って元所属選手らが未払いとなっていた報酬計約760万円の支払いを求めて訴訟を起こし、19日に運営会社が分割で全額を支払うことで和解したばかりだった。

 和歌山は休部したパナソニックを引き継ぐプロチームとして発足した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.