天気予報を見る
 
新聞購読申込

ムハマド・アリ氏が肺炎で入院/容体安定、元ヘビー級王者

2014/12/21 18:23

 ムハマド・アリ氏(UPI=共同)
 ムハマド・アリ氏(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】ボクシングの元ヘビー級世界王者のムハマド・アリ氏(72)が軽い肺炎のために入院した。スポークスマンのボブ・ガネル氏が20日に明らかにしたと、AP通信が報じた。容体は安定しており、入院期間は短くなる見込み。病院の所在地は明らかにされていない。

 史上最高のボクサーといわれるアリ氏はパーキンソン病を患っている。公の場に現れる機会は少なくなっているが、ことし9月に出身地の米ケンタッキー州ルイビルで行われたイベントに姿を見せた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.