天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ協会、改革に決意/「チャンスと捉える」

2014/12/18 20:31

 国際バスケットボール連盟(FIBA)のバウマン事務総長が東京都内での記者会見で来年6月までに日本協会の改革に道筋をつけると表明したことを受け、同協会は18日、臨時理事会を開いた。新たに会長代行を兼ねることになった梅野哲雄副会長は「これをチャンスと捉え(課題に)立ち向かっていく」と決意を述べた。

 日本協会に無期限の国際試合出場停止処分を科しているFIBAは7、8人のタスクフォース(特別チーム)を設立して改革を主導するが、梅野副会長は「(FIBAからは)実際に動くのは日本協会だと言われた。早期の処分解除へ総力を挙げてやる」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.