天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ改革で文科省代表チームに/日本サッカー協会の川淵氏も候補

2014/12/17 23:03

 日本バスケットボール協会に無期限の国際試合出場停止処分を科した国際連盟(FIBA)が、国内男子リーグの統合などの改革に向けて設立するタスクフォース(特別チーム)に、文部科学省の代表者がオブザーバーとして入ることになった。来日中のFIBAのバウマン事務総長が17日、下村博文文科相と会談して決まった。

 同事務総長は日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問とも会った。改革への協力を要請したとみられ、複数の関係者は川淵氏が特別チームのメンバーに入る可能性を指摘した。

 文科省関係者によると、特別チームは日本オリンピック委員会(JOC)関係者や有識者らで構成する方向。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.