天気予報を見る
 
新聞購読申込

バスケ問題でJOCを訪問/国際連盟バウマン事務総長

2014/12/17 12:51

 会談を終えたFIBAのバウマン事務総長(右)とJOCの竹田恒和会長=17日午前、東京都渋谷区
 会談を終えたFIBAのバウマン事務総長(右)とJOCの竹田恒和会長=17日午前、東京都渋谷区

 文科省を訪れ、下村文科相(右)と記念写真に納まるFIBAのバウマン事務総長=17日午後
 文科省を訪れ、下村文科相(右)と記念写真に納まるFIBAのバウマン事務総長=17日午後

 日本バスケットボール協会に無期限の国際試合出場停止処分を科した問題で来日している国際連盟(FIBA)のバウマン事務総長は17日、日本オリンピック委員会(JOC)を訪れ、竹田会長と会談した。

 FIBAは、日本協会が二つの国内男子リーグを統合できずにいる点などを問題視しており、特別チームを立ち上げて協会運営を指導する方針。JOC関係者によると、同事務総長は特別チームをFIBA、日本側合わせて7、8人で編成し、6カ月以内に解決を目指す考えを示した。処分解除されなければ日本が出場できないリオデジャネイロ五輪アジア予選については「配慮したい」と発言したという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.